【米肌の毒性】成分を徹底的に調べてわかった噂の事実とは!?

潤い成分がたっぷりと入っている米肌

 

これだけ贅沢に潤い成分を配合しているのに、なんとその成分に毒性がとの噂が・・・。

 

米肌 毒性

 

肌に優しい商品と言われているだけに、この毒性と言う響きが気になりますよね!!

 

本当にずっと使い続けていても大丈夫なのでしょうか?

 

この記事では、米肌と毒性がどの様な関係があるのか紹介していきます。

 

米肌に毒性があるとされて入っている成分は?

 

本当にどういう成分が入っているのか?気になったので、詳しく調べてみました。

 

@BG・・・化粧品には広く使用されていて、殺菌と保湿の成分があります。

 

ADPG・・・防腐剤や保湿剤になっていて、トウモロコシが成分です。

 

Bエタノール・・・殺菌作用と抗菌作用があります。

 

Cグリチルリチン酸K2・・・肌荒れをセーブしてくれます。

 

Dジメチコン・・・メイクがすっと奇麗に落とせます。

 

Eシクロペンタシロキサン・・・化粧品が肌に馴染みやすくなります。

 

FPEG(120)・・・増粘剤と保湿の効果があります。

 

GPOE(25)・・・化粧品だけでなく、コンタクトの洗浄液にも使用されています。

 

HPOPメチルグルコシド・・・柔軟性を使って、乾燥を防いでくれています。

 

上記に書いた成分はどれも化粧品にはよく使用されている成分で、効果としては良い成分ばかりです。

 

これだけの成分が米肌には使用されていることがわかっているのです。

 

米肌の成分はわかりましたが、使用しても問題はないのでしょうか?

 

毒性と言われるから言葉のイメージからしても怖いんですよね!!

 

言葉の意味を調べてみても、やはり体に良くない物や体に毒の影響を与える物との解説がありました。

 

一度こういう言葉があると、検索する人も多いので上位に出て来たり、キーワードになったりするのもわかる気がします。

 

米肌を調べてみると毒性が含まれているかを心配する声も多数ありました。

 

米肌 毒性

 

いろいろと調べていく中で、上記に書いたように毒性が噂される成分が入っていることはわかったのですが、

 

それは本当に肌に影響のない量だけが使用されていることが既に判明しているのです。

 

今までに、この成分の毒性が入ってて何らかの影響があれば、米肌自体が既に販売中止になっていると思います

 

評判が良いだけに皆が試したりして、成分を見て疑問に思った人がこういう言葉で検索をかけるのかもしれないですね。

 

例えば○○と言った成分が米肌の化粧品に入っているが、毒性ではないのか?と検索するだけで、検索履歴に残ったりもしますからね!!

 

米肌、毒性とありますが、実際には米肌には毒性になる様なものはないので、安心して使用して良いでしょう。

 

市販やその他の化粧品で、毒性について何も語っていない商品よりも、成分や毒性についてきっちり説明している米肌はお勧めです。

 

米肌 毒性

 

>>>米肌の公式サイトはこちら