【米肌のクリーム5種類を徹底比較】どれを選べばよいか悩んだ時に!

お肌の潤った感じが自分で実感できると高評価の米肌

 

化粧水と共に使用するのが肌につけるクリームですよね。

 

米肌 クリーム

 

でも、クリームと一言で言ってもどのクリームをどの用途で使えばいいのやら・・・。

 

私も、いつも迷ってしまう一人なんです。

 

この記事では、米肌 クリームについて紹介していきます。

 

米肌で販売されているクリームの種類は?

 

化粧品のクリームって大体、販売が1種類だけではないですよね。

 

それは、この米肌の商品にも言えます。

 

公式サイトで検索をかけると下記の様に出てきましたよ!!

 

製品名

製品画像

回数と価格

肌潤ジェルクリーム 40g 5,000円
肌潤クリーム 40g 5,000円
活潤クリーム 40g 7,000円
米肌BBクリーム 150回分 3,500円
米肌CCクリーム 150回分 3,500円

 

 

米肌クリームだけでも、これだけの種類のクリームが登場するんですね!!

 

しかも、お値段も数種類もある事がわかります。

 

化粧品って値段が高いだけに自分にあった物を買いたいですよね。

 

ただ、これだけあると用途別に生産はされていて、成分も違うのでしょうけれど、初めて購入する時などには、本当にどれが自分の肌にあっているのか迷ってしまいますよね!!

 

 

では、米肌クリームのそれぞれの選び方はどうしたらよいのでしょうか?

 

 

米肌のクリーム5種類の選び方

 

製品名

製品画像

特徴

肌潤ジェルクリーム 自分の肌自体がベタベタしていたり、べたつきが苦手な人や肌にハリや弾力感などを引き出したい人におすすめです。
肌潤クリーム 保湿力を高めて肌を乾燥から長時間守ってくれる事の出来るクリームになっています。
活潤クリーム 即効性の効果があると高い商品で、肌にハリや潤いが長い時間続くような肌を目指したい人におすすめです。
米肌BBクリーム >肌の気になっている場所をカバーすると共に、乾燥してしまった肌も潤していく効果も持ち合わせています。
米肌CCクリーム BBクリームを今まで使用していたが、更にお肌の透明感を引き出したい人におすすめです。

 

こうしてみるとそれなりに違いは若干あるのですが、全てのクリームにおいて肌の保湿を第一に考えている事がわかると思います。

 

米肌クリームのまとめ

 

米肌のクリームは、外部からの紫外線や肌への刺激を極力カットしながら、米胚芽油や大豆エキスなどの惜しげもなく使用されている成分によって、1日中潤った肌へと導いていきます。

 

 

日焼け止めの成分としては業界でもトップクラスになっているのに、長時間経っても肌が乾燥する事がありません。

 

 

肌への浸透率も良く、クリーム自体の伸びも良いので、クリームをつけているだけで、肌のくすみやシミや毛穴と言った場所も自然とわからない様になっているのです。

 

以前よりも、「メイクがとても楽になった」「肌のトーンが明るくなった」などの口コミも多く、皆さんからの信頼や評価の高いクリームになっています。

 

今まで使用している化粧品のクリームで物足りなさを感じている人は、是非、米肌シリーズのクリームを使用してみるのがおすすめです。

 

 

>>>米肌 -MAIHADA- 【澄肌CCクリーム】はこちら