米肌がなぜ危険と噂されているのか?その噂を徹底解明!

通販限定の米肌ですが、危険だと噂されているのはなぜなのでしょうか?

 

米肌 危険 なぜ

 

米肌は危険なのかどうか、噂は本当なのかどうか調べていきたいと思います。

 

米肌がなぜ危険と噂されているのか

 

コーセー化粧品の米肌ですが、低刺激処方で敏感肌にもいいという化粧品なのですが、危険と噂されているのはなぜなのでしょうか?

 

米肌の化粧水の成分を調べてみました。

 

水、BG、エタノール、オクドチルドデカノール、キサンタンガム、グリセリン、ジグセリン、米エキス、グリコシルトレハロース、大豆発酵エキス、クエン酸、ビフィズス菌発酵エキス、チオ硫酸NA、リン酸2NA、加水分解水添デンプン、乳酸NA、メチルパラペン、イソステアリン酸PEG-50水添ヒマ油、EDTA-2NA

となっています。

 

この中で、イソステアリン酸PEG-50水添ヒマ油というのが危険だといわれている可能性が高いです。

 

米肌は本当に危険な商品なのか

 

このイソステアリン酸PEG-50というのは合成界面活性剤ということです。

 

合成界面活性剤というのは、油分と水分をうまく結合させるために化粧品を作る上ではとても大切なものなのだそうで、他の化粧品でも使われているものです。

 

お肌には外からの刺激や異物の混入を避けるために、「皮脂膜」よ「角質層」があってこれらがバリア機能を果たしています。

 

このようなバリア機能をしているところを「ゆるめて溶かしていく」性質が合成界面活性剤にはあるということなのです。

 

それで、危険といわれているのですね。

 

米肌 危険 なぜ

 

この合成界面活性剤を使い続けるとどうなるのか・・・バリア機能の部分をこわし続けるということで慢性的な乾燥肌や敏感肌になる可能性があります。

 

また、ガードが緩んだところから化学物質などが入り込みアレルギーが起きる可能性もあるのです。

 

しかし、合成界面活性剤を使うことで、天然の界面活性剤を使うよりはるかに洗浄力は上がるとされています。

 

また、合成界面活性剤を使っていないクレンジングを使ってもメイクが落ちず、汚れが残ってしまうということが起こるそうです。

 

汚れが残ってしまっては肌荒れをひきおこしたりします。

 

ですから合成界面活性剤の入ったもので洗って汚れを落とすか、使わずに汚れを残してしまうかは使う人の判断になってしまいますね。

 

米肌には、この合成界面活性剤が使われているのですが、刺激も弱く人体に悪影響はないといわれています。

 

ですからそんなに心配なことはないと思われます。

 

 

合わせて読まれている記事

 

米肌の口コミ・悪評も

 

米肌の効果

 

米肌のお試しについて

 

米肌とライスフォースを比較した結果

 

米肌とアヤナスを比較した結果